[いけりりBlog一覧] [English]
[ページ 1/9] 次のページへ [*全26件の記事(1-3)] 最後へ
カテゴリー: イギリス
投稿者: ikeriri

 SANY0019SANY0001



 さてさて、もう帰り道です。座席は18Aで、あいかわらず横に人をいれないレイアウトです。1-1-1で席を使ってます。閑散期だからかなあ。隣に荷物を置けてよかったです。CAさんが写真とってくれました。



行きが遅れて13時間30分かかったのと対照的に、帰りの飛行機は自転?偏西風?の勢いに乗ってかわずか10時間ぐらいで日本に到着です。見てなかった「ワイルドスピードX3」と「パイレーツオブカリビアン2」を見ました。「ワイルドスピードX3」の方は日本車がいっぱ いでるへんてこ東京が舞台のハリウッド映画で、主人公はいい車を与えられつづけるも壊し、最後はランエボのエンジンを乗せたアメ車みたいなのでレースに勝利してしまうというもの。こいつ本当に日本に来たことあるのかというくらいの東京の描写がたまりません。日本車とドリフトが好きな方は一見の価値があります。「パイレーツオブカリビアン2」はなんというか「バックトゥーザフューチャー2」を見たみたいに途中で終わってしまう作品。次回作をみないと評価できませんが、登場人物が増えてきて整理が大変かも。

カテゴリー: イギリス
投稿者: ikeriri

SANY0035 連日はしゃぎすぎたので、最終日の今日は午後早めにホテルに戻ってお約束ともいうべき英国式アフタヌーンティーです。 週末だからなのかお客さんは私しかいません。まず最初に紅茶のポットと追加のお湯のポットとミルクがきて、ふふふんと午後ティーを楽しんでおります。その後にぐるぐるっと回るタイプのお皿がきます。上のお皿の方にはプディングケーキとフルーツケーキ、スコーンがはいっています。スコーンは別にもらったあんずジャムやクリームチーズをいっぱいに付けて食べるというものです。下のお皿の方にはサラダとポテトチップスとサンドイッチがはいってます。さすが欧米サイズ、みんなものすごく大きくて量が多く午後のおやつというよりは十分な夕食という内容です。紅茶も何杯分だろう。。。かなりおかわりをしたのですが、ひとりではとても飲みきれなかったです。しかも途中で変えてもらいました。当たり前だけれどもやさしさが心地よい。ホテルのひとも暇そうで、ゆったりと紅茶を楽しむことができました。幸せです。ミルクティーを飲みながらノートPCでホテルの無線LANを使いながら今回のイギリスの感想をまとめます。以下いけりりなりのイギリスの総論と各論を。Cafe037.3gp - 278.7 KB

 



【総論】
・イギリスはかつて世界を制覇した国。プライドが感じられる紳士の国(一部例外あり)です。
・言葉もみんな丁寧で鼻にかける発音(フランスっぽい)。明らかにアメリカ英語と違うと思いました。
・ロンドンは東京に似ているところも多い。大都市というのは画一化されるのかなあ。
・人種区別、階級区別がはっきりしている気がします。ピューリタン革命や名誉革命を起こしてアメリカに逃げていった人たちの気持ちも分かります。留学や亡命するなら絶対アメリカに行こう。

 

【各論】

●飛行機
今回行ったなかではコスフォードが一番良かったです。冷戦時のTSR2をはじめ、映画「メンフィスベル」のままの爆撃機やドイツのエニグマ、横須賀桜花、バトルオブブリテンやD-DAY関連の展示など、それまで、映画やゲームでしか触れることができなかった国家間の「戦争」(WW1~WW2~冷戦)を目の前の実物として触れることができたのは鳥肌が立ち涙がでました。非常によい経験となりました。すべての人々の平和をお祈りします。

●観光地
今回は大英博物館をはじめとした主要な観光スポットには行けませんでした。けれども、今回歩いたビックベンとテームズ川のところは世界中の観光客(含む日本人)でいっぱいで、ちょっとうんざりな感じでした。さすがにワイキキよりは客層はよいにしても歴史や文化に触れるのが好きな人はむしろ王道の観光ルートには近づかないようがよいのかも。

●鉄道
非常に発達していて首都圏に非常に似てます。地下鉄なんて丸の内線の四谷駅みたいです。郊外への直通はありませんので、歩いて自分で接続します。日本のように私鉄各社に特色があり、Virgin電車のVoygerのFirstClass(なんと主要駅に専用ラウンジがある!!)とかは今度ぜひ乗ってみたいです。パディントン駅やユーストン駅など、ロンドンの主要駅は洗練されていてかっこよかった。

●人々
白人の人、黒人の人、アジアの人などいっぱいいますが、人種による暗黙的な区別がはっきりしている気がしました。インド系の方がきまって商店の販売をしていたのが印象的です。あと時間帯と年齢層による違いも大きい。また、地方は非常に親切でよいひとが多いです。特にバーミンガムより北は良かった。

●食べ物
やはり各所で語られている通り、いまいちなのは否定できません。外国料理(回転寿司は微妙)がよいのかも。また、西洋食が一般化した結果、イギリスらしい食事というのを感じにくいかもしれません。一番良かったのはClub ANAの機内食でしょうか。。。

●ネット
今回は全室Wi-Fi(54Mbps)のホテルを選びました。実効スループットは、1.5Mbps程度です。基本的にロンドンにネットが使える場所は少ないし、利用が面倒だったりするので、ホテルにインターネット環境があるものを選ばないと3G携帯の膨大なローミング料金を払うはめになります。(VodafoneUK経由) Totthenhamはアキバよりも割高ですが、SIMフリー携帯の宝庫で、Nokiaファンなら楽しいかも。最新のN93やシロッコモデルもあったし中古屋さんの3G携帯はおみやげに良いと思います。携帯のシェアは街を歩いている限りNokiaが圧倒的。街でNokiaTuneが聞こえてくるのはやはりヨーロッパという感じがしました。

●修行
NRT-LHR  約8700 PP、約22000マイル。初のCクラスは素晴らしかったです。

カテゴリー: イギリス
投稿者: ikeriri

SANY0018 SANY0021

セントポールズ大聖堂にいってから英国兵家大学などをチェックしながら、テームズ川を渡って食事です。ごはんは近くの空いてそうなカフェでパスタみたいなのを食べました。となりにはスターバックスやSubWayなどもあり、東京と似ていて都市の画一化を感じてしまいます。それから歩いてテームズ川を渡りました。ここら辺にくると観光客がいっぱいです。橋には写真を売っている人とかでちょっとにぎやかです。テームズ川のクルージングとかもやっていて船が行き交ってました。人ごみは得意でないので、またBlackfare駅に退却です。ThemesRiver20.3gp - 214.2 KB

[ページ 1/9] 次のページへ [*全26件の記事(1-3)] 最後へ

★最新コメント
関連ページ
2006-10-31 New Style Club ANA NH201帰り道
2006-10-31 リージェンシーホテルでアフタヌーンティー&イギリスの感想
2006-10-31 テームズ川を渡って食事
2006-10-31 BakerStreet駅からLondonZooへの道
2006-10-31 City Of London
2006-10-29 ロンドンのアキバことTottenham court roadに行ってきた!!
2006-10-29 RUF London
2006-10-29 ロンドン橋とビッグベン
2006-10-29 オレンジ公ウイリアム3世とケンジントン宮殿
2006-10-29 ロンドンのリスちゃんたち

★最新[Twitter] [写真(@yumeneko_akiba)]

Twitter Updates