Prev [P.3/3] Next [*No.21-27 of 27] First / Last
カテゴリー: nagano
投稿者: ikeriri

07042006(008) 長野、上田、佐久平に店舗をもつお蕎麦やさん「草笛」ですが、 くるみそばが非常におすすめです。そばつゆにすりつぶしたクルミがペースト状にはいっていてつゆとかきまぜて食べます。 蕎麦は手打ちでとっても美味しいです。

 

07042006(009)ただ、量がめちゃめちゃ多いので注意です。標準が普通のおそばやさんの大盛りくらい。 中盛りは2人、大盛りは3人分くらいのボリュームかなあ。満足間違いないと思います。 長野に来る機会があればぜひトライしてみてください。 

カテゴリー: nagano
投稿者: ikeriri

26022006(001) 26022006
長野の佐久の喫茶店は郊外型なのか、自動車で来店しての長期滞在を基本としているのかやたらとケーキや食事メニューが大きい気がします。 上はチーズケーキとスポンジケーキですが、私はとても消化不可能なボリュームです。甘いもの派にはたまらないのかも。。。 コーヒーも量が多いのは嬉しいところです。

02/26: 入院の話

カテゴリー: nagano
投稿者: ikeriri

DSCF1007 病院に入院していると、いろいろと経験することがあります。 うたさんとの出会いもそんなひとつの思い出です。うたさんは本名は別にあるのですが、歌と踊りが大好きなので、 うたさんの名称で看護師さんたちにも他の患者さんたちにも知られているおばあさんです。もう80歳を超えていて、 車椅子に乗っているのですが、いつも元気に病棟の廊下を動き回ります。そして、夜になると、よく歌声が聞こえてきます。 曲名は私の知る限りですが、「信濃の国(長野県の県歌のようなものです)」や「荒城の月」、おそらく戦時中の歌をはじめ、 さまざまです。うたさんのいる病室はおばあちゃんばかりの部屋なので、さらに声が加わってコーラスになります。 ある満月の見える夜には近くの病室のおばさんやおねえさんたちも入ってちょっとした音楽会になりました。 うたさんの声はすごいおばあちゃんの声なのですが、とても元気で、遠くの部屋から声を聞く私でも元気がでてきてしまいます。


 

DSCF1009もうひとつは、たまちゃんの話です。 たまちゃんは人工関節の手術をして入院しているおばさんなのですが、本人曰く、糖尿病、膠原病、 高血圧ほかもう病気のオンパレードです。いろんな科での治療や入院を経験しているだけでなく、 整形外科でも高圧酸素治療をはじめとして、様々な治療を経験している患者さんです。たまちゃんは明るい性格で、話好きなので、 他の多くの患者さんたちに知られ、良き相談役となっています。たまちゃんは、本人も言っているのですが、とにかく食べます。 病院食に加え、いつもケーキや甘いものを用意していて食べてます。冷蔵庫にもたまちゃんスペースが存在し、売店でも有名です。 このため、たまちゃんはすごく肥満なのですが、まったくそれを気にすることなく本人はすごく明るく話好きです。 この前も病院食の後、病院のレストランのチャーハンやラーメンを食べたみたいで、看護師さんに怒られてました。さて、 たまちゃんはさらにヘビースモーカーなのです。いつもこっそり煙草を忍ばせては1Fの喫煙スペースに行くみたいで、よく 喫煙スペースの話を病室の人たちにしてくれます。夜中の総合病院の喫煙スペースは、患者さんたちによるアナザーワールドで、 人間ドックで短期入院したおじさんから、末期ガンの患者さんまで、すぱすぱタバコを吸いながら、いろいろな話をしているそうです。 自分の生き方とか、死ぬ場所の相談とか、そばのレントゲンスペースでは、放射能のマークを見て、 「これでアメリカと戦争を...」 なんていうおじいちゃんもいたりする空間がそこにはあります。 そんな総合病院の夜のホスピスとなっている喫煙スペースには、 医師の先生も止めるに止められないところもあるみたいです。 そんなたまちゃんもついに先日退院となりました。 早く元気になるといいなあ。

カテゴリー: nagano
投稿者: ikeriri

05022006(008) 05022006(007)
ちょっとドライブに行ってきました。三滝めざして行きます。湖は凍っていて穴を掘って魚を釣るひともいたりしました。

05022006(010) 05022006(012)

三滝は3つの滝が凍っている状態の景勝地です。シャンデリアみたいに氷が重なっていて自然のすごさを感じます。 ここまでがすごい坂道で実はとても大変。実はこの後長野に戻り、それから買い物にいく途中に交通事故に遭いました。 居眠り運転の車がいきなりこちらの車線に突っ込んでくるという通り魔的事故。不運というしかありません。

 

カテゴリー: nagano
投稿者: ikeriri

23012006(002) 23012006(001)
菅平にスキーにいってきました!!佐久から菅平へは2時間くらいです。自動車の運転もひやひやもので、一度スピンしかけてストップしました。 後続の自動車がなくてよかった。。。雪はずっとずっと降り続いている状態です。神社の鳥居もこんな状態でした。

24012006(005) 24012006(006)
リフトからの景色はすごいきれいで、びっくりします。ただし、風よけのないリフトはもう顔に雪が吹きつけて、冷たくて地獄状態です。 防御は欠かせないです。山頂への第三高速リフトは雪崩の恐れがあり、停止している状態でした。 なんと途中で谷の下に冒険していってでられなくなって遭難していたスノーボーダーをリフトから発見しました。後にレスキューの人に伝えて、 救助がやってきました。良かったよかった。

24012006(007) 24012006(008)
けれども、時折晴れた空には山々が見えてとてもきれいでした。なんだか、音が吸い込まれそうな感じがして、いま自分がどこを向いているのか、 どこに動いているのかも、相対的にしか分からない状態で、あたり一面が真っ白で不思議な感じです。いまこうしていることを含めて、 すべてが無意味な感じがして。

  24012006 23012006(008)

平日ということもあってか、ほとんどは若者、しかもボーダーばっかりのなか、 今どき珍しいカービングさえもしていないフラットなスキーはものすごく滑ってスピード制御が大変でした。 ボードの方が悪路に強いのかもしれません。。。 

カテゴリー: nagano
投稿者: ikeriri

220120061月はいろいろとお仕事が続いたりしてあっという間に過ぎそうです。 今週末は平日を利用して今年初のスキーです。菅平ですが、今年もちょっと滑ってきます。 おすすめはゲレンデ近くのペンション利用です。格安です。最近携帯電話に客を取られているのかなあと思いきや、 若者だらけで既にスキーヤーとしては高年齢組です。いずれにせよ。楽しんできたいと思います。試験は滑らないようにしなくては。。 。

カテゴリー: nagano
投稿者: ikeriri

20060103(001) 20060103(002)
新年の最初は妙高高原にスキーにいってきました。積雪200cmとこの時期にしては意外に少なめの雪でした。天候はちょっと悪天候ですが、実に1年ぶりのスキーは楽しかったです。あいかわらずボーゲン以上パラレル未満のスキーヤーですが、ゲレンデは若者だらけでちょっと恥ずかしいくらいでした。

20060103(006) 20060103(004)
ボードが多いのはもちろんなのですが、スノーブレード(カービングがさらに短くなったスキー)とかの人も若干いました。荷物が少なくなるから持ち運びは便利そうです。レンタルスキーはSalomon製で妙に性能がよくて、曲がる、止まるがしっかりしてて、明らかに性能があがっている気がしました。私の世代だとK2とかロッシとか、そんな感じです。徐々にうまくなってきて、ようやくこつを思い出したところでリフト停止。顔に当たる雪が冷たかったです。こんどは顔マスクがいいのかも。。。

20060103(008)20060103 
帰りは車が遭難状態。30cm近く積もった雪をかき分けてようやく発進です。さらには渋滞ということで、温泉に寄ってもよかったのかも。。。いずれにせよ、楽しいスキーの一日でした。

Prev [P.3/3] Next [*No.21-27 of 27] First / Last