ikeriri-top

製品一覧AirPcapTurboCapCascadePilotPilotWiFi PilotWinPcapProWi-SpyChanalyzerDualcommOscium GigamonCloudSharkcPacketNetworksXTRAMUSWireshark

解析ソフトウエア
Chanalyzer5シリーズChanalyzer5+ReportBuilderOptionChanalyzer5+LabOptionChanalyzer5CiscoCleanAirOption
旧製品Chanalyzer4シリーズChanalyzerPro ChanalyzerLabChanalyzer4ChanalyzerLite
USB接続スペクトラムアナライザ(ハードウエア)
MetaGeek社 Wi-SpyシリーズWi-Spy900x Wi-Spy24iWi-Spy24xWi-SpyDBxDeviceFinder
ikeriri-metageek米metageek(メタギーク社)正規代理店
いけりりはWi-Spyシリーズの販売およびサポート、保守を行っております。安く代理店価格でご提供できるだけでなく、豊富な無線LAN関連技術のもと、保守やサポートも行っております。ぜひご相談(→Online)くださいませ!!
Chanalyzer5 Cisco Clean Air Option
Cisco社 無線LAN管理 Cisco CleanAir 活用 PrimeInfrastructure連携ツール

Chanalyzer5 Cisco CleanAir Option

Cisco社のAeroNetシリーズのアクセスポイントを利用している企業環境において、管理ツールのPrimeInfrastructureを導入してCisco Clean Airを利用している場合に、Chanalyzer5からCisco社APに接続して、管理情報を利用するためののオプションがシスコクリンエアーオプションです。Chanalyzer5 Cisco Clean Air OptionはChanalyzer5の追加機能ライセンス製品です。

Chanalyzer5Cisco CleanAir Option
単体価格 USD350$(詳細はお問い合わせください)

Chanalyzer5+Cisco CleanAir Optionは有料(USD699$)のWi-Spy用ソフトウエアです。詳細はお問い合わせくださいませ。

CleanAir Option
Cisco系APから情報を取得でのデータの出力に対応しています。(Cisco Clean Airの情報を取得) 管理ツールのPrime AdministrationページからCCF Fileをダウンロードして設定します。 ChanalyzerのCleanAirメニューより、IPアドレス、NSIキー、フレンド名を指定して個別に接続 Cisco Clean Airがモニターモードに設定されている場合には、無線の品質や干渉検出の情報やスペクトラム情報を取得できます。 Cisco Clean Airモードでは、APが取得した干渉源を囲むような形で表示します
CleanAir
PrimeInfrastructureより CiscoAPに接続して 情報をAPより取得します。APモードでは接続した1CH モニターモードでは周波数全体の管理が可能です。

★Chanalyzer5はMetageek社の最新スペクトラムアナライザのソフトウエアです。Wi-Spy(2.4x/DBx)とともに利用します。
従来のChanalyzerPro相当の機能を追加しており、CSV出力機能、デバイス発見機能を取り込みました。 ハンディ型スペクトラムアナライザの精度と、 無線LANに特化した高度な分析を行うことができます。
価格USD349$(お問い合わせくださいませ)
アクティベーションして利用します

別途オプションを追加することで、 グラフや表を作成できるReportBuilder Option(+150$) また、Wi-Spyの周波数設定を詳細に調整できるChanalyzer Lab (+150$) および Cisco社アクセスポイントの情報を取得できる CiscoCleanAir(+450$)対応です。

Chanalyzer5

★2.4GHz/5GHz同時記録 セッション・ショートカット・屋外に対応
新しいChanalyzerはセッションに対応しました。これは取得した記録をセッション単位で管理して編集できるものです。調査対象の周波数帯域をWiSpyメニューで選びます。 セッション画面で記録するスペクトラムを選択、保存、リネームします。Navigationで選んだ時間範囲、タイムスパンが反映されます。
Wi-Spy2.4xとWi-SpyDBxを接続することで、同時に2.4GHz/5GHz帯域の同時記録が可能です。セッションは2時間単位で分割管理できます。

Chanalyzer5セッションメイン画面

★電波の情報とIEEE802.11情報を重ねて簡単に無線の状況を確認できます
Networksタブでは、まず、物理層の情報を表示するRadioと データリンク層の情報を表示するESSIDを切り替えます。 Radioでは、APのMACアドレス SSID チャンネル 信号強度 BSSIDの数 セキュリティ規格 最大伝送速度 ベンダ名 802.11規格 ESSIDでは、ESSID名 チャンネル 信号強度 BSSIDの数 セキュリティ規格最大伝送速度 ベンダ名 802.11規格 フィルタの+とーで条件にあわせて SSID/ベンダ名/チャンネル/信号強度/ セキュリティ/802.11規格で絞り込み を行い、表示を切り替えられます。

リスト表示

★利用率や周辺のチャンネル状況をグラフ表示できます
Utilization 帯域の利用状況 DeviceFinder Overview画面 で範囲選択した区間のパワー を表示 Current(現在) Average(平均) 黄色 Max(赤)Density(頻度 赤>緑>青) Network(SSIDを重ねて表示) Device(Interfereで検出した機器) Inspector(マウスの位置の詳細情報) 画面下はTimespanで選択した範囲 の時系列の統計を表示するWaterfall 画面になります。

Chanalyzer5
★Interferer Identifier機能
無線はその電波型式によってスペクトラムの特徴があります。例えば、直接拡散方式を用いるIEEE 802.11bでは、中心周波数からおわん型の計上でスペクトラムが観察できます。また、20MHz幅のOFDMを用いる IEEE 802.11gやIEEE 802.11aでは、サーブキャリアを用いることによって中心周波数から長方形のスペクトラムが観察できるでしょう。Chanalyzer ではこれらの既知のスペクトラムを用いることで、実際に観測しているスペクトラムと比較分析を行うことができます。RFIDリーダーやZigBee機器などの情報もあり、これらを発見したり見つけることもできます。
シグネチャ

Chanalyzer5+Cisco CleanAir Optionは有料(USD699$)のWi-Spy用ソフトウエアです。詳細はお問い合わせくださいませ。

解析ソフトウエア
Chanalyzer5シリーズChanalyzer5+ReportBuilderOptionChanalyzer5+LabOptionChanalyzer5CiscoCleanAirOption
旧製品Chanalyzer4シリーズChanalyzerPro ChanalyzerLabChanalyzer4ChanalyzerLite
USB接続スペクトラムアナライザ(ハードウエア)
MetaGeek社 Wi-SpyシリーズWi-Spy900x Wi-Spy24iWi-Spy24xWi-SpyDBxDeviceFinder

製品一覧AirPcapTurboCapCascadePilotPilotWiFi PilotWinPcapProWi-SpyChanalyzerDualcommOscium GigamonCloudSharkcPacketNetworksXTRAMUSWireshark

セミナーネットワーク製品 教育 サポート いけりり
.先頭ホーム Copyright Ikeriri Network Service Limited,All Rights Reserved.


English 定款 プライバシーポリシー サイトマップ 検索 お問い合わせ